【NFTアート】[ NFT大河ドラマ]のストーリー第一話〜第四話

NFT

こんにちは!神戸ポップです。

この度HEXAでも活動の幅を広げました。

通貨は円で、クレジットカード決済でNFTを楽しむことができるので気軽にご購入、楽しんでいただくことができます。

そしてHEXAでもコレクションを作りました。

その名が「NFT大河ドラマ」です。

先行販売していた「矢がすり模様」で袴を履いている女の子を基軸とし、時代を遡っていきます。

コンセプト

作品を作る時には必ず奥行きを作るようにしています。

美術館で展示作品を見たときのあの退屈さ。

それは背景がない、もしくは面白くないからです。

そこで2Dを3Dにして感情移入をしてもらうことで、アートを楽しんでいただけるようにしました。

今回の「大河」シリーズはおおかたパロディです。

「どこかで聞いたことあるんだけどなあ」なんて部分を見つけていただけると嬉しいです。

第一話 大正時代

和洋折衷時代を生きる普通の女の子

作品はこちら
(画像ナンバーは#02となっています)

平凡な女の子。

大正デモクラシー以降西洋文化色が強くなってきたため、デイリーユースは袴。

お父さんに買ってもらったヒール付きブーツで歩くのが楽しい日々。

将来はモガ(モダンガール)のバスガールに憧れているが、バスガールになるには条件のうちに東京の女学校卒でないといけない。

実家の収入では厳しいため、その夢を親に打ち明けられないでいる。

第二話 江戸初期

じゃじゃ馬姫

作品はこちら
(画像ナンバーは#08となっています)

とても快活なお姫様で、隣国のお殿様と遊ぶのが大好き。

草履を履くのを忘れて出て行ってしまうことがあるので、足袋と打ち掛けもドロドロにして帰ることも。

もちろんその日には父上からのカミナリが待っている…が、空気を読むのがうまい「じい」がいつもナイスパスしてくれる。

ただお稽古事も放ったらかしなので、お正月のかるたで文字が読めないこともしばしば。

鞠つきが好きだが鞠の球と花火の球を間違えて、気がついたらアフロヘアーになっていることも少なくない。

#03 平安時代

光源氏と付き合いたい

作品はこちら
(画像ナンバーは#09となっています)

平安貴族のおひいさん。

ところが紫式部先生の書いた架空の長編小説『源氏物語』にはまってしまい、自分も光源氏に寵愛を受けることを妄想しているイケメンオタク。

年頃のためラブレター(文)はそこそこ届くが、そんなことはアウトオブ眼中なため、婚期を逃している。

好きな食べ物は桜餅(もちろん道明寺粉)。

#04 邪馬台国(Coming soon…!)

はるか昔、古代日本で活躍した女シャーマン。

表へは弟だけを出し、自身は姿を見せなかったため、ミステリアスな存在だった。

巫女として非常にカリスマ性があるため、のちのち隣国で名を馳せ、なんと『三國志』デビューをしてしまうことになる。

各リンク

プライバシーポリシー

当ブログに掲載されている文章・画像の著作権は、運営者に帰属しています。 法的に認められている引用の範囲を超えて、無断で転載することを禁止します。